Rie Satoh’s Language school in 茅ヶ崎・湘南

Hello! 英語・語学のこと、さまざまなtopicを綴っております♩

Hello February, a bit fragrance of the spring

 

Hello and good afternoon.

Fairly quick though, we are about to enter the second month of the new year.  How is everything with you?

一月の大寒を過ぎ、早いもので新年の二ヶ月目になります。 如何お過ごしでしょうか? 風邪など召されませんように、温かくしてお過ごしくださいね。

 

昨春から進めてきています読売センターでの英語コース、一周回ってこの春・新規コースを開講予定です。 英文ライティングはhomeworkを重ねたおかげで、皆さんかなり腕が上がってこられ、嬉しい限りです。 

次期のメインテーマは“イギリス英語と英国文化”で、コロナ禍になり三年なかなか海外渡航も思うようにいかない方々多いですが、欧州の事柄も絡めながらたのしくお伝えしてゆけたらと。。🌺 

 

相変わらず料理が愉しくて、時々異国のものを作っては料理で旅気分♩ こちらはギリシャ料理のmusakka ムサカ。 挽肉、茄子、トマトとシンプルですが美味しいと言って貰えると嬉しい

 

生姜たっぷり、大根も一緒に豚の生姜焼き、白飯が進みます。 お料理も語学と同じ、場数をこなす(trial and error)ことでだんだん上達してきますね。。

 

I used to make family's dishes for about twenty years almost all by myself, and it was quite a long length of time, if you imagine two decades.  Although I was not particularly a good cook, preparing five persons' food was not a small job at home.

Sometimes I got tired, sometimes I became bored with my cooking (I felt like wanting to taste other people's cuisine), then after my divource, recently my eldest son has started cooking and he's so fast to absorb how to do that!  It is really amazing.

If he can stand in the kitchen at the age of eighteen, his future girlfriend or wife would be very happy, and I suppose that his younger brother will probably follow as well. 🌸🌸

 

四月からのイギリス英語コースでは、食文化や独特のイギリス菓子についてなど、受講生さん方(女性が多いため)の関心/興味を膨らませられるよう、題材もどうぞお楽しみにしていてくださいね!

 

winter cuisine and sweets

 

Hello and good afternoon.

New year's January has already passed the half, but how are you spending this winter season so far? 

新しい年の一月も半分が過ぎましたが、寒いシーズン如何お過ごしでしょうか?

 

一番寒い時期に入り暖房が欠かせませんが、私自身キッチン好きで、料理をしている時はやっぱり火があると温かいですね!

この頃も和食、イタリアン、中華など時間があれば新しいレシピを取り入れたり、料理本を眺めたりして“冬のあったかメニュー”を愉しんでいます。

 

とりわけ好きなのはグラタン。 色々な組み合わせで、ホワイトソースやトマトクリーム系、味噌入りなど応用が効いてたっぷり作れるのも気に入ってます。 

 

じゃがいも酒粕グラタン *酒粕を生クリームで溶いて、絶品だった
 

里芋と味噌のグラタン *味噌は毎年手作りしているので、しっかり使わなくちゃで

 

うちは私と息子の二人暮らしなので大概レシピの四人/分量は余ってしまうのですが、たまに上の子たちを呼んだり、近頃は高校生・長男がキッチン男子になりつつあり、いやはや頼もしい。 小さい頃は偏食気味だった子が。。自ら率先して作るようになるなんて感動です。

 

お菓子づくりの魅力はまた料理とは異なるけれど、スイーツって中々苦手な人がいないのは良いですね。 お菓子は十年以上やっているので道具もかなりあって、けど自分のためだけには作らない。。歓んでほおばってくれる誰かが居てこそ「よっしゃ、作りましょ」と思えるし、色々な国・土地のお菓子をまだまだ試してみたいなと。

 

 

先日も英語コースでイギリスの話になり、受講生さん方へ、英国は食事はイマイチかもしれませんがafternoon tea 含むイギリス菓子全般とEnglish breakfastはとても美味ですよ、と。 特に内陸やイングランド北部ではきびしい気候でオーツ(麦類)が主食だった時代、オーツを使ったシンプルで美味しい焼き菓子たちが生まれています。

 

春からの読売センター・新規コースではそんなイギリス文化の話題も触れつつ、どんな風に展開してゆこうか思考を巡らせております。

Please do look forward to the new course coming up in the spring!

Belated happy new year - 新年のご挨拶

 

A belated happy new year for everyone, and good afternoon.

I wish here that your 2023 will be prosperous and joyfull year with all the bests.

遅ればせながら、新年おめでとうございます。🌺

新たな2023年が、皆さまにとりまして実り多い、素敵な一年で在りますように。

 

 

お正月、如何お過ごしでしたでしょうか。? 🎌

Hoping that you have had a bit of relaxing time at this opportunity, and as for me I went back to my hometown in the west for family gathering.  

Above Miyajima island was quite jammed with people visiting the world heritage shrine, and in recent years the island has become really popular with new stores like of lemons, local oysters etc. (although arrival of starbucks looked strange to me).

 

Then on the way back to Kanto, I took a train from Osaka and dropped in myself at Wakayama prefecture virtually after a very long time.  I had visited so-called Kohyasan and Shirahama beach with my sister in my 20s.

Well, this opportunity brought me more to the south part and those sceneries were merely amazing.  As you could see, deep-blue ocean and some islands or rocks may instantly make you remain breathtaken. 

 

 

The town is famous for "tuna" and offshore fishery;  it was also the land of world heritage - sacred sites and surprisingly, whale watching.  I did not have enough time however I felt that these places would be for the next chance.

 

 

今年はlanguage learnersのため、和訳なしで時々綴ってみようかなあと思いますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。🌸

learning languageと静かな情熱

 

Hello and good morning.

As the climate has got freezing recently, some people seem to be getting cold or flu, then I hope that you would stay warm towards the end of year & coming January.

師走も後半に入り、めっきり寒くなってまいりました。👢 風邪の声をちらほら聞きますので、年の終わりへ向けて、どうぞ温かくしてお過ごしください。

 

さて、今年の春より継続しています横浜での英語コース、受講者の方々もプレゼンや英文 homeworkが上達されて成長の嬉しいこの頃です。

語学って場数がやっぱりナンボですし、trial and errorを自分なりに繰り返して、どんどん伸びてゆきます。 よく日本人は「ちゃんとした英語を話さなくては」と考えがちですが、失敗をこわがっていてはそこで止まってしまう。🌿

完璧な人間はどこにもおりませんので、私も英語の失敗は(十代より)沢山してきました。 

 

Tasty apple cakes with cinnamon last week, and making sweets too is upon my years of experiences I could say. 先週作った、シナモン香る林檎のケーキ。 お菓子作りも十年以上ですが、新しいrecipeを教えていただけると新鮮な気持ちになります💟 焼き菓子は数日置くとしっとりしてまた美味に

 

継続は力なりと言いますが場数を踏むこと、そして情熱をもって取り組むことが、一中一夜でとても身に付かない語学学習では大事かなあと。

とりわけ情熱といっても、up and downのあるような情熱ではなく、“静かな情熱”が語学には向いています。 ちょっと休んでもまた戻ってきてやろう、と思える感じや、たのしむってことが大事なんです。🌺

私の場合語学はライフワークの一つですので、生涯学習のように勉強される方々も「付かず離れず」みたいな距離感が良いのかもしれませんね。

 

静かな情熱は仕事へ、partnershipへ、好きなことや活動に注入できるもの。

ぜひ、your learning and studying languagesに応用してみてくださいね。

 

my continuous happy life

 

Hello and good morning.

It seems like already three weeks that we have until the end of year, and I hope everyone is spending most of their time at this season. 🏂

早いもので、今年も暮れまで後三週間となりました。 師走の華やかさ、和やかさを感じられる一年の締めくくりシーズンでありますように。

 

Last year I spent the Christmas and new year with my smallest son alone, and I somehow came to really get used to living as single mum for the last one and a half year.

私事ですが昨年は初めて、クリスマスとお正月を末っ子と過ごし、この一年半でシングルマム生活が板に付いてきた様に感じるこの頃。

It has been totally a different experience from my life until that time, however I had felt living with child would be sometimes easier, not totally on my own but having someone close and sharing my points of view. 🌸

それまでの(familyでの)過ごし方とやはり異なって、お正月は寂寥感をかんじましたが(苦笑)

振り返ると子育てが始まってからも時おり、自分と子どもだけだとラクだなあと思う瞬間もあり、価値観や視点を子ども達とはたやすく分かち合えたからかもしれません。 *子どもは生まれた時から母と一緒ゆえ

 

Nevertheless, I have always wished to stay with someone else since I bet that nobody can live through merely by themselves in life.

とはいえ、人は一人では生きられないし、色んな関わりの中で生かされているのですよね。

Nowadays, hardly like France though, there are various styles of happiness and ways of couples in Japan too.

現代はフランスみたいには行かないにせよ、様々な幸せの形やカップルの在り方があるなあと思います。

Within my old friends for example, there are married ones; divorced ones; remarried ones; with children or without children; still being single etc.  Then for me they each look to be enjoying their livings, and over many years we used to encourage since the student's era, having the same hard time and sweet time also. 💠

たとえば私の古くからの友達メンバーでは: 長年結婚している人、離婚を経験した人、再婚した人、子どものいる人・いない人、独身を続けてる人など。 

皆それぞれだけれど、“自分にしかないやり方”で人生を愉しんでるようにも見えますし、集まると各々の生き方をとりあえず応援モード。 学生時代から嬉しい時も哀しい時も、一緒にやり過ごしてきたtimeと絆があるからかもしれないです。

 

 

I would say that wherever we are and whenver we are, the friendship I have had will continue and it's just wonderful feeling how sweet they are. 

どんな時も「私の幸せが一番だよ」って言ってくれる友達たち、本当にありがたいとしか言いようがなく、結婚しても離婚しても再婚しても、彼女たちとのたのしい時間は変わらない。💫 

誰しも自分が自分でいられるような場所って、きっと大事なんですよね。 (で、それは一中一夜ではなく、それなりの時間かかるものかなあと)

 

Sweet time comes around.

*late autumn roses with thick gorgeous colour

 

Hello and good morning.

Evenings come early in these chilly days, and I hope that you are staying warm and fluffy towards the real winter. 🐻

夜が来るのが早くなり、冬本番まで温かく過ごしてゆきたいものですね。 ご体調には留意ください🌿

 

As the temperature has got low, I made gateau-au-chocolat the other day, using the butter which is actually more handleable within the cold air.  

It tasted really nice!

気温も下がってきたのでバターが扱いやすくなり、先日久しぶりにガトーショコラを作りました。 しっとり美味にできて、大満足。🍫

 

 

Looking back, I started making sweets and cakes about ten years ago, when my children were small.

At the time I was a little worried about my third son's growth as mum, and I felt like wanting to do something new that I could devote myself in.  Kids had happy hour at any time.

思い起こせば、私がお菓子を作り始めたのは十年程前で、子どもたちがまだ小さかった頃。 当時子育てで少し悩んでましたが、何か新しいことを始めたいと思い、お菓子作りにハマリました。🌸 手作りおやつのkids, かわいかったなあ。

 

I suppose that I made more than hundred sweets since then, and it's sort of good way sometimes whether to kill the time or being creative yourself.  In any way in the end, warm flavoured cakes come out of that oven, spreading its smell to the corners of kitchen.

それ以降、100以上のお菓子レシピに挑戦し(*結局よく作るのはシンプルな焼き菓子だけれど)、お菓子を作るのは時に暇つぶし/リフレッシュ、またクリエイティブになれるのが好きですね。 オーブンからキッチンを満たす匂いもたまりません。

 

 

For foods, it happens that people have a few dislikes, but sweets seem to be accepted more widely in the old days as well as at present. 🍭  And they certainly make us happy and content. 

食べ物に関しては、往々人は好ききらいがあったりもしますが、お菓子って大抵の人は好きで・笑顔になれる。 それは今も昔も変わらないのかなと。 ほおばると幸せ時間が広がってゆきます。

 

Teaching English courseについて

*Quite different style of beachside cinema (where I have seen the British film the other day)

 

Hello and good afternoon.

師走に入って急に寒くなりましたが、春先まで英気をやしない、元気印で過ごしたいものですね。🌺🌺

 

さて、今年で英語を教え始めて八年目だったのですが、来年2023年から少しずつ英語を教えることを伝えてゆきたい。 後世に向けて私自身そんな風に思い、今後も世界共通言語であり続ける英語ですので、日本のEnglish educationがよりたのしく&実り多いものになりますように。💠

Teaching English courseを始めていきます。

 

<Teaching English Course>

内容

・各々Learnerの英語を習う目的

(英語試験、生涯学習、海外留学や旅行など短期集中、異文化 learningなど)

・語学の4技能の内、どの分野が強く・伸ばせるか、底上げできる分野も把握する

・授業のカリキュラム・組み立て

・time division / 時間配分

・前回のfeedback

・homework / 課題の考案

・Q&A - 小さな質問でも分からないことは、その場で明確にする

 

試験

話す speakingだけでなく、英文を書く writingを学びたい人もいるので、コースでは英文ライティングの課題も出します。

添削の仕方、コメント/suggestionなどもお伝えいたします。

 

コース時間

全6回のステップで、所要は2〜3ヶ月を目標とします。

 

コース料

60、000円

 

スケジュールやご質問などは、こちらまでどうぞお問い合わせ、お寄せくださいませ。

english.ivy.schoool2014@gmail.com

佐藤理恵